バリウマ!大分県日田市のオススメ名物2選!

グルメレポ



みんちゃん
みんちゃん

こんにちは、みんちゃんです。
今回は私が実際に食べた大分県日田市のオススメ名物2選をご紹介したいと思います!

日田市とは

みなさん日田(ひた)市がどこにあるかはご存知でしょうか?

出典:google map

日田市は九州地方・大分県にあります。遠いように感じますが、実は福岡県・博多から車で30分、バスや電車で1時間の距離です。博多から近いと分かると、途端に行きやすく感じますよね。

日田市には昔ながらの日本らしい街並みなど、美しい景観が残っています。焼物や祇園祭りなどの日本文化を今も楽しむことができます。温泉などの観光地も、梨や焼きそばなどのグルメも豊富にあります。派手な観光街というよりは、日本らしいゆったりとした時間を味わえる街です。

銘菓の亀山

オススメ名物の一つ目は、銘菓の亀山です。

亀の山と書いて「きざん」と読みます。よくある、あんこの和菓子でしょ?、と思ったアナタは一口食べてビックリするはず。まさに私がそうでした。周りのクランブル状の部分(クランブルアップルパイなどを想像してもらうと分かりやすいかも?ザクッとボロッとしてるやつです)の歯ごたえが良くて、とっても美味しいです!これがしっとり餡子とのバランスも最高なのです。
ついもう1切れ食べたくなりますが、この調子ではすぐ全部無くなってしまうので、味わって食べましょう。ちなみに半分くらい私が食べて、もう半分は家族にあげようと思いましたが、甘いもの好きな祖父が1口食べて「おっ!」という顔をして皿ごと持って行ってしまったので、残りは全部祖父が食べたのかもしれません。いつもは何食べても、おいしくないって文句言うのに…。そのくらい美味しいです。

注意点として、棒状から切るとき、あまり小さく切ろうとすると、周りのザクザクした部分が、ボロっと取れます。私は6等分にしましたが、それで2つはボロっといきましたので、4〜5個に分けるのが安心です。分けるぶんが無くなるとか気にしなくて良いくらい、沢山買ってみたいものです。

日田醤油 味比べセット

二つ目は、日田市で作られたお醤油3種類の味比べセットです。

170年の老舗醤油屋さんによる、料理の味付けにもピッタリの3本セットです。食べ比べようと、醤油をお皿に出して3種類並べてみました。今回はお餅につけていただきました!

天然だしの素

透き通った薄い色のおだしで、お浸しや茶碗蒸しなどの味付けにも使えます。ほんのりとしていますが、思っていたより、しっかり味がついています。

・天然ゆず醤油

もちろん柚子なのですが、かぼすや、すだちを思い起こすような、爽やかな柑橘系の良い香りが広がります。ポン酢に近いイメージで、水炊きやお豆腐にも合いそうです。

・これ一本

こちらは、薄口醤油のような味わいで、やはり普通の関東でいうお醤油よりは柔らかく甘い印象です。

どれも美味しいので、あるだけでテンション上がりますし、お子様もこれならお豆腐を美味しく食べれそうですし、大人はお酒が進みます(笑)海苔とかにつけて食べるだけでも立派なつまみになりそうです。

ちなみに私は海苔やお餅につけていただいたり、卵かけご飯に使ってみましたが、最高に美味しかったです!

日田市の町おこし

人口の減少など、ほかの地方都市と同様に日田市も問題を抱えています。日田の街を何年経っても残していきたいという思いに溢れた皆さんが、改善に向け立ち上がっています。
日田市を盛り上げようと活動している複数の方と、私はTwitterで出会いました。そこで日田市の魅力を知ったことや、温かい皆さんの心に触れたことが、この日田市の名物2品を食べたキッカケでした。
日田市の町おこしに取り組むきういさんの活動経費を応援するpolcaのリターン(返礼品)の中にも、今回ご紹介した銘菓・亀山と、日田醤油比べセットがあります。

自分でネットで探して通販して…というのが苦手な方や、日田市はおもしろそうな街だけれどスグには現地に行けそうにない、という方は、是非きういさんのpolcaで日田名物を手に入れてください。日田の町おこしに貢献できて、美味しい返礼品も貰えてオススメです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました