イッツ・ベリー・ミニー!確実に観る方法(東京ディズニーランド)

ディズニー
みんちゃん
みんちゃん

こんにちは、みんちゃんです。今回はディズニーランドで開催されている大人気のショー「イッツ・ベリー・ミニー」を確実に観る方法についてご紹介していきます!

※2020/2/15更新 自由席の減少・廃止について追記しています。

※2020/2/29更新 コロナウイルスの影響による休園について追記しています。

イッツ・ベリー・ミニーとは?

東京ディズニーランドでは、2020年1月10日から3月19日まで、ミニー・マウスが主役のイベント「ベリー・ベリー・ミニー!」を開催しています。

開催期間中にショーベースで行われているのが「イッツ・ベリー・ミニー」です。過去にディズニーランド・シーで開催されたエンターテイメントの沢山の曲や衣装を楽しむことができます。昔からのファンの方はより楽しめそうですね!今年だけの期間限定のショーとなるため、開催初日から連日、自由席は開園直後に埋まってしまう争奪戦となっています。

とても素敵なショーなので、より多くの人が、一度は観れると良いですよね!

鑑賞方法①抽選席

イッツ・ベリー・ミニーは1日に5回公演しています。日によって開園時間が異なるため、公演時間も異なり、公式サイトで確認できます。

基本的には1グループにつき、1日1回の抽選権があります。一緒に見たい人全員の入園パスポート(チケット)を用意のうえ、抽選します。パスポート裏面のQRコードを使って、東京ディズニーリゾートのスマホアプリで、または、ショーベース横にある抽選所にある抽選機で、抽選していきます。確率としては、スマホでも抽選機でも、どちらでも変わらないのか、気にしている方は少ないようにじます。記念に当選券を持って帰りたい人は、抽選機を利用していますね。

年間パスポートと1dayパスポートでは、1dayパスポートの方が当選しやすい傾向のようです。皆さんのTwitterやブログを見ていると、年パスを持っている人が連日外れていると嘆いているのに対し、1dayパスの人が当選しているのを多く見かけます。私も、実際に1dayパスで当選しました!もちろん年パスでも当選される方はいらっしゃいますが、1dayパスの方が有利な印象です。
年パスを持っている人は、なかなか当たらないためか、願掛けをしたり、1dayパスを追加で買ったりしているほど、当たりにくいようです…。

鑑賞方法②自由席

2020/2/29更新 コロナウイルスの影響による休園で、3/2までの自由席がある公演は実質無くなってしまいました。

抽選席の他に、毎日初回の公演のみ、一部に自由席が存在します。

開催当初は全公演に自由席がありましたが、早朝からあまりの戦争ぶりに、混乱を避けるためか、初回公演のみに変更されました。(2020年2月9日現在の情報です)

自由席はショーベースの約1000席のうち、半分の500席ほどと、立ち見が50人分くらいです。

3/12より自由席のうち150〜200席ほどが、抽選席となっています。(※2020/2/15更新)

青いブロックが自由席です。前方のHIJブロックはパイプ椅子です。一番前ですので、ミニーたちがステージ前方に出て来た時にとても近く感じます♪しかし、最前列から4列目までは、前の方ほどステージの高さを感じるため、前の席の人と被ったり、ステージ全体を同時には見られないこともあります。奥や床面は見えないため、せり上がりの床で登場するシーンなど、一部の演出は見づらくなります。(写真はJブロックの4列目)

パイプ椅子のエリアで最前列を逃した時にオススメなのは通路側の席です。通路があるぶん視界が開けて見やすいためです。赤く示したのが通路側の席です。

パイプ椅子より後ろの固定席のエリアは、映画館のように座席に傾斜があるため、ステージからは離れますが、全体を見渡しやすいです。カメラで撮影したい人には、視界の良さが重要視されるため、最前列か、後方の立ち見エリアが人気のようです。早くから並んでいたお客さんも、一番後ろの立ち見エリアの最前列に迷わず立っていたので、撮影目的のようでした。早くから待っていた人で、後方立ち見エリアを選ぶ人がけっこう多く驚きました。
自由席は残念ながら開園時間に入園しても入れないくらいの人気になっています。最近ではディズニーホテル宿泊者の特権であるハッピー15エントリー(15分早く入園できる)でないと入れない日もあります。通常の開園時間を迎える前に、ご案内終了してしまうのです。私はどうしてもこのショーが見たかったので、ディズニーホテルに泊まり、ハッピー15エントリーを利用したところ、自由席に入ることができました!

ハッピー15エントリー実際のレポート!

実際どんな流れだったのか、ポイントを押さえてレポートしていきます。

ディズニーホテルは、東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、ホテルミラコスタ、セレブレーションホテルの4つです。一番リーズナブルなセレブレーションホテルでも、お部屋代が1泊17,600円〜。こちらを1人〜4人で割ることになります。4人利用ですと1人4400円〜です。

ハッピー15エントリーでも見られないという日もあるため、ハッキリ何時に行けば良いと明言はできませんが、私は朝5時から並んでいました。自由席に入れた人の列を見ていると、私の前に50人〜70人位はいましたが、私の後ろにもその数倍もの人数が並んでいました。(平日・10時開園・晴天でした)

▶︎曜日や開園時間は関係する?

曜日については、私の分析ではあまり関係ないと思っています。理由は、平日でもすぐに自由席が埋まることもあれば、土日の方が通常の開園時間に入園して座れた情報が多く、予測が付かないからです。学生の春休みも始まり、曜日による違いは無くなってきています。また、以前は10時開園だと初回は全席自由席という有利さがありましたが、現在は無くなっています。ただ、8時開園には起きれず間に合わなかったハッピー15エントリー入場者が、10時開園だと間に合う可能性があり、一般入園の人には10時開園の日の方が厳しい状況と言えます。

▶︎ホテルからパーク

朝早くにチェックアウトすると、折角のディズニーホテルを楽しめませんので、せめて前日は早めにチェックインし、ゆっくり過ごすことをオススメします。

開園時間近くになってパークに行っても、沢山の人が荷物検査と入園をしているうちに、15分はあっという間に経ってしまいます。通常入園の人たちと一緒に入園しては意味がありませんので、早めに並んだ方が良さそうです。

ディズニーホテルのうちセレブレーションホテルは、パークから距離があり徒歩だと60分です。ホテルからパークへのシャトルバスは朝6時からのため、それより早く行きたい人はタクシーで向かいます。タクシーの予約の電話を宿泊当日にしたところ、予約満杯でした。

タクシーが予約できなかった私はどうしたのかというと、徒歩で向かいました。(無謀ですね)

朝3時に起きて、4時に出発する時に再度電話しましたが、タクシーは一杯でした。パークまでは京葉線沿いまで出て、線路沿いに歩きました。閑静な住宅街で、街並みもキレイですが、あまりに人が居なくて不安になりました。大荷物だった割には早く進めていたのか、40分くらいでアンバサダーホテルが遠くに見えてきました。迎車や乗車中しか見かけなかったタクシーも、やっと空車を見かけたので、そこからは乗せてもらいました。運転手さんによると、今は駅前に空車は沢山いたそうで、根気よく電話した方が良いとのこと。私が電話しなかった理由は、広い住宅街の中で目印になりそうな物は無く、自分がどこにいるか説明できないと思ったためです。朝から疲れましたので電話すれば良かったです。ちなみに、この運転手さんは先程ご紹介したタクシー会社の方です。

この他のディズニーホテル(東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、ホテルミラコスタ)はパーク周辺ですので、徒歩でも余裕です。

▶︎入園待機列

何時から開園待ちに並べば良いかの目安ですが、今回のように早起きして鑑賞できますので、徹夜はしなくて良いのではないでしょうか。ホテルがもったいないことや、苦情が入っても無視して徹夜する人がいると問題になっていることから、徹夜はオススメできません。

開園待ちの列が早朝にできるのはココです。

駅からランドの方へ歩いていく橋のふもとから、列ができています。

ハッピー15エントリーの人も、通常入園の人も混合で並んでいます。
その後、列が動いて、ハッピー15エントリーと一般入園の人に分かれます。突然分かれるため、一体どっちがハッピー15エントリーの列なのか分かりにくいので注意しましょう。ハッピー15エントリーの待機列はココでした。

一般入園の人はゲート前まで移動したようです。並んでいた人の半分くらいが急にダッシュで居なくなって、自分が並んでいた場所も分からなくなりますので、列が分かれる前から、どんな人が並んでいるか前後2組くらいは確認しておきましょう。
その後、ハッピー15エントリーの人専用エリアの入り口まで移動。さらに30分ほど待って、1組ずつ入場しました。この日はこのタイミングでハッピー15エントリーの用紙が回収されました。転売する人がいるからか、ホテル名や予約者名も確認されました。

※2020年2月時点での地図です。現在工事中のチケットブースがあるため、工事後は変更になる場合があります。

ハッピー15エントリー専用エリアは、ショーベースに向かうなら、より右側が良いという噂もあり、確かに先頭で頑張っていた人たちは右側に並んでいました。その時の埋まり状況にもよるため、好きな場所で待機しましょう。開園までは時間があるため、貴重品は持った上で、レジャーシート等の目印を置いて、トイレに抜けることができます。一度ハッピー15エントリー専用エリアを出ることになるため、出入り口で再度、通行証を渡されます。最寄りのお手洗いはディズニーランドステーションの下です。また、最寄りのコンビニはディズニーランドホテルで、温かいフード・ドリンクもあるのが嬉しいです。開園する頃にはハッピー15エリアはすごい人数になり、自分がいた場所に戻るのも大変になります。いつ列を動かすかも不定期になりますので、抜けるのは手短にしましょう。

▶︎入園開始

日によっては、開園30分前からもう入園を開始します!荷物検査とチケットの確認となります。急ぐ気持ちは分かりますが、荷物検査を疎かにしようとすると、チェックの人は余計にシッカリ見ようとする気がしますので、最初から荷物を開け、堂々と見てもらった方が早く終わります。

ハッピー15エントリーの入園口は、上記の2箇所ですが、今回のイベント期間はイレギュラーな案内をしています。入園して直ぐの所から、ショーベースまでキャストさんが並んで誘導し、下記のようなルートが出来ています。

つまり30分前の入園時点からショーベースに並べてしまうのです。そして日によってはこのまま初回自由席の案内を終了します。(はやっ)通常の開園を待っている皆さんの所には、開園前から案内終了の呼びかけがあります。ハッピー15エントリーは、本来は先程の地図にあるA・Bの2ヶ所の入り口ですが、関係なくAからの入場になるということです。(入園した人のほとんどが、そのままA経由の列になるため、Bから回っていくと並べないかもしれません)
ショーベースまでの間を、走って行く人がいます。キャストさんは前の人を抜かさないよう呼びかけていますし、ぶつかって転倒し怪我をした方も実際にいらっしゃいました。危険ですのでやめましょう。私は入園時に前から6列目くらいで、走らずにスタスタ歩いて、途中で沢山の人に抜かされましたが、自由席に入れました!自由席ご案内列の、前から3分の1くらいの所でした。
人数確認があるのでは?と不安でしたが、人数を数えながら列形成してくれていたようで、並んで数分経っても何も言われなければ、入れたと思って良いでしょう!列はこのような感じでした。

このさらに先の列は把握できませんでしたが、入園し流れに乗って進むと、とにかくこの列の最後尾に着きます。

この状態で開場時間まで待ちます。皆さんシートや椅子を広げ始めますので、全員が限られたスペースで座れるよう、譲り合って広げましょう。転売対策なのか整理券の配布はありませんでしたが、ぎゅうぎゅうで後から合流のしようもありません。列に入る時点で、この後に合流はできませんと呼びかけています。冬とはいえ晴れていると日差しがきついので、紫外線対策もお忘れなく。

▶︎入場

入場の際に、右手と左手どちらかの入口か分かれるよう案内されます。この説明も分かりづらく、私はキャストさんに声をかけて質問しました。会場の右側か左側か、座りたいエリアの入口から入ってほしいとのことです。よく分かっていない人が多いのか、人気なのか、左側から入る人が多かったです。私は好きなキャラクターがステージ右側に立つことを把握していたので、右側から入りました。埋まり具合も呼びかけてくれますが、正直入って見るまでよく分かりません。

このようにざっくり左右に分かれます。

先着でお好きな席を選べます。ブロックは前述の座席の説明の通りです。
以上が、ハッピー15エントリーのレポートです。

▶︎場外立ち見

ショーベースの外からの立ち見ですが、最近は向かって左手からは鑑賞できないようです。こちらの向かって右手からは見られますが、ここも埋まりやすいようです。

▶︎自由席の廃止について

2020/2/29更新 コロナウイルスの影響による休園で、3/2までの自由席がある公演は実質無くなってしまいました。

2/12より、自由席の数が変更されました。(※2020/2/15更新)

以前は500席ほど合った自由席のうち150〜200席ほどが、抽選席となっています。また、3/2からは自由席が廃止になり、初回公演も全席が抽選となりますので、ご注意ください。
つまり、3/1まではハッピー15エントリーで自由席チャレンジできますが、春休みの影響で平日でも混雑するため、一般入園ではより厳しい状況。
3/2以降の、全席抽選については、開園してすぐに入場するのであれば、初回公演の抽選エントリーが有利かもしれません。初回公演の時間が近づくと抽選できなくなることや、他の目的との兼ね合いで入園すぐの公演を抽選する人は少ないことから、他の公演より倍率は低そうです。
全席抽選になると自力では席を取れないため、バケーションパッケージが唯一確実に鑑賞できる方法となります!

鑑賞方法③バケーションパッケージ

ハッピー15エントリーよりも、さらに確実に、そして早起きも整列もせずに必ず見られるのが、バケーションパッケージです。
バケーションパッケージとは、ホテルの宿泊と、パークのチケット、ファストパスなどがセットになったディズニーオフィシャルのパッケージプランです。プランによって内容は異なり、今はこのベリー・ベリー・ミニー!を存分に楽しめるプランも用意されています。イッツ・ベリー・ミニー!(この記事でご紹介しているショー)と、ベリー・ミニー・リミックス(パレード)のどちらも、見られるお席が確約されます。

「ベリー・ベリー・ミニー!」を楽しむ 2DAYS バケーションパッケージ内容

選んだホテルの宿泊

2日分のパークチケット(ランド・シーを自由に出入り)

ショー鑑賞券(ベリー・ミニー・リミックスとイッツ・ベリー・ミニー!)確約

ファストパス2枚

リゾートライン・フリーきっぷ2日券

朝食:1回 夕食:1回

バケーションパッケージ・オリジナルデザインのポップコーンバケット

チケットホルダー

オリジナルガイドブック 1冊

オリジナルグッズ引換券

ソフトドリンク飲み放題券

ディズニーホテルの他に、もう少しリーズナブルな、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル、東京ディズニーリゾート・パートナーホテルからも選ぶことができます。(ハッピー15エントリーはディズニーホテルのみの特典です)選んだホテルやお部屋のグレードにより金額は異なりますが、2名で43,400円~です。

バケーションパッケージなら、お値段は張りますが、ホテルをチェックアウトまでゆっくり楽しんでも、確実にイッツベリーミニー、ベリーミニーリミックスが鑑賞できます!見られるか不安になる心配や、開園時に走る人たちのストレスからも解放されますね。

私も利用したかったのですが、バケーションパッケージは、最低人数2名〜です。1名では利用できません。

▶︎ ディズニーワンダフルバケーション

1名でも利用できるものでは、ディズニーワンダフルバケーションがあります。こちらは、ホテルとパークチケット、ショー予約席などのセットですが、残念ながらベリーベリーミニーなど期間限定のショーが予約できるプランはありません。ディズニーホテルに泊まっているため、ハッピー15エントリーの対象にはなりますので、初日にベリーミニーリミックスのパレードに並び、翌朝にハッピー15エントリーでイッツベリーミニー初回を狙うといった使い方ができます。(自由席は3/2まで)また、パークチケットによるイッツベリーミニーの抽選にも両日ともにエントリーできますので、確約ではありませんが、チャンスは沢山ありますね。

イッツ・ベリー・ミニー鑑賞法まとめ

以上、イッツベリーミニーが鑑賞できる方法まとめ、でした!

まとめると、コロナウイルスの影響による休園で、3/2までの自由席あり公演は実質無くなってしまいました。残すは3/16〜3/19の4日間です。(あくまで運営再開の予定、です)抽選は1dayパスポートの方が当選しやすい傾向です。全席が抽選となるため、バケーションパッケージが一番確実です!

(※2020/2/29更新)

みんちゃん
みんちゃん

1人でも多くの方が観られることを願っています!

ディズニー抹茶メニュー&お土産を全品紹介!2020春(ランド&シー限定品)

コメント

タイトルとURLをコピーしました