みんちゃんの自己紹介

未分類
みんちゃん
みんちゃん

こんにちは、このブログの管理人「Youtuberみんちゃん」です。

私がYouTubeやブログを通してなぜ活動しているのか、何をやっていきたいのか、自己紹介を兼ねてここに記しておきます。

みんちゃんとは

みんちゃん
みんちゃん

みんちゃんは「発信したいことがある人のYouTubeへのハードルを下げる」、「日本全国に美味しい抹茶の産地があることを知ってもらう」べく活動しています!

2022年2月19日に「抹茶と私の結婚式」を開催します。

茶わんこ
茶わんこ

 は??

プロフィール

みんちゃんは東京出身の28歳です。(2019年現在)
中学では放送部でテレビ番組やラジオ番組を作ったり、高校では軽音楽部でベースを弾くなど、昔から音楽やエンタメが好きでした。専門学校で音響や照明を学んだのち、遊園地や結婚式場、ライブハウス、夏フェスなどのスタッフを経験しました。
以前は会社員でしたが、もっとこうしよう!とアイディアを出しても、やる気のない人たちと働くことや、時間やルールに縛られてばかりの環境で働くことは、自由人の私には向いていなかったので、辞めてしまいました。

音楽やスポーツの業界で働く人たちには、資金が尽きたから田舎に帰る、子どもができるからやめる、怪我で引退する、という方も沢山いらっしゃいます。また、利用者が減って閉店するライブハウスや、業界を夢見てくれる若者が減って高齢化も問題となっています。そんな状況を変えて行くことをしていきたい、と思い「音楽・スポーツ情報anosa」というページで業界人同士の情報共有や、ライブレポートの記事、スポーツ選手のインタビューなどを掲載していた時期もあります。
現在もライブだけでなく介護施設でのコンサートや、スポーツ選手とコラボのイベント、地域のお祭りのイベントステージなど運営させて頂いています。

YouTuberになる

2019年の春からは、動画をミュージシャンやスポーツマンの皆さんにこそ活用してほしいと思い、自分がYoutubeをやりながら気づいたことをお伝えし、皆さんの「発信することへの心のハードルを下げる」発信ハードル下げてく系Youtuberとして活動を始めました。

ミュージシャンYouTuberさんとのコラボ動画、ゲーム実況、抹茶の食レポなど様々な動画を上げて、楽しく動画を150本くらい上げてきましたが、決まったキャラクターやコンテンツがありませんでした。継続して動画を上げることは出来たので、次に「特定のテーマを持ったらどうなるのか」を実験するため、自分といえば○○!というモノを探していました。

クレイジー抹茶ガールになる

抹茶だけはずっと好きで、抹茶フレーバーのお菓子について10年ほど分析していたオタクでした。昔からの友人や親戚にも「みんちゃんと言えば抹茶」と今でも言われるため、これなら一生できる!とクレイジー抹茶ガールとして活動を始めます。

私は、自分が抹茶のお菓子を作っているわけでも、自分が抹茶を売りたいわけでもありません。誰かのためといった綺麗事じゃなくて、自分がおばあちゃんになっても、今と変わらず全国のいろんな街の抹茶を味わいたいから、全国の抹茶を皆さんに知っていただき、活性化することで、ずっとそこに在ってもらいたいのです。そのために、その街や農家さん、お茶屋さんとできることに、私の人生の時間を使っていきます。

抹茶と私とは?に苦悩する

抹茶クレイジーガールとして活動するうち「なぜ私は抹茶が好きなのか?自分で理由が分からない」ということに気が付きました。

私にとって、抹茶フレーバー商品は見つけたら食べるものであり、作り手のアイデアや傾向を分析するのがライフワークです。普通の食事を削っても。

茶わんこ
茶わんこ

狂ってるよね。

なぜ?と言われても、それが私にとって当たり前なのです。この感覚を説明するには「結婚しているような感じ」というのが、しっくりきます。結婚している人に「ご主人となんで毎日一緒にいるの?」とは聞かないですよね。私の場合、抹茶が毎日ある生活が当たり前なんです。
ここまで思考が至った時に思いついたのが抹茶と私の結婚式でした。
抹茶について皆さんにお伝えしていくため、更に学びを深め、その後は本にしたいと思っていました。その本を出版する時に、これまでお世話になった皆さんへ感謝の気持ちをお伝えするイベントを開きたいと考えたのです。
それは「抹茶に関する仕事を将来したい、私は抹茶と生きていく」という決意であり、人生で出会った皆さんへの感謝を伝える…すなわち結婚式のようなイベントなのです。

みんちゃん
みんちゃん

何を言ってるか分からないと思いますが、私にも分かりません。

茶わんこ
茶わんこ

分かんないけど、やるなら行くよ…。

みんちゃんのこれから

すっかり「発信ハードル下げ屋さん」の役割を忘れているように見える私ですが、そんなことはありません。これは「特定のテーマを持つとどうなるか?」のモデルケースになりますし、私自身に発信力がつけば、私が応援したいものにも貢献できる自分になれます。

以前は「みんちゃんが前に出なよ」と言われることに違和感を感じていました。「私は○○を応援したいのであって、私が前に出たいのではないのに。」と、自分は裏方だと思っていたのです。しかし、自分に発信力がつけば、前述のように、結果として「発信ハードル下げ屋さん」の役割を担えるのです。それが自分の本職でなくても良いのです。(例として、ミュージシャンの人が、音楽ではなく別のジャンルでYouTubeをやって有名になり、間接的に自分というアーティストを知ってもらい、曲を聴いてもらうチャンスを大きく広げるのは、ご本人が楽しめていればアリである。)

自分がやりたいことを極めながら、継続的に活動する術を見つけて、結果的にやりたいことを叶える。

これはYouTubeやウェブでの発信を、ミュージシャンの方や、発信したいことがある人に活用してほしいという私の考え、そのものです。

そんなこんなで、私はいま発信活動を続けています。YouTubeやTwitterで同じように何かを発信している方と出会い学ばせて頂いたり、自分の活動を応援してくださる方が現れるのは、本当に嬉しくて楽しくて、やはり情熱が溢れて止まらないのなら行動に移すのみ!だなと思います。

みんちゃんがいる場所

Twitterでは毎日「#みんちゃん今日の抹茶」でツイートしています。Instagramでは「抹茶と私の結婚式」までのカウントダウンをしています。
発信ハードル下げ屋さんとして「皆の活動を勝手に応援」しているので、何かしらの活動をされてる方はぜひ応援させてください!

みんちゃん
みんちゃん

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

みんちゃんねる https://www.youtube.com/channel/UCJq-sEQW-j5qTBH4yxfl2qg

Twitter https://twitter.com/minchan_anosa

Instagram https://www.instagram.com/anosa_minchan/?hl=ja

コメント

タイトルとURLをコピーしました