YouTuberを始めるのに必要なもの

YouTube
みんちゃん
みんちゃん

こんにちは、みんちゃんです。

私は「発信したいことがある人にYouTubeを活用してほしい」ので、自分がYouTuberをやりながら気づいたことをお伝えし、皆のことを勝手に応援する「発信ハードル下げ屋さん」をしています。今回はYouTubeを始めるのに必要だったものをご紹介します。これからスタートするか悩んでいる方のハードルが下がれば嬉しいです!

スタートはiPhoneだけあればいい

YouTubeで発信していくために必要なのは、最低限で言うとスマホ1台あればできます。

iPhoneで撮っているYouTuberさんは沢山います。最近は編集もスマホのアプリで出来ます。機材を選んで買い揃えるまでの過程も動画にしちゃうくらいの気持ちで、とにかくさっそく撮ることをスタートしましょう!

マイク・カメラ

画質に凝りたい人や、歩きながらフリーハンドで撮りたい人は、GoProなど用途に合ったカメラを買いましょう。ゲーム実況などで音質に凝りたい人は、良いマイクを買いましょう。とくに問題なければスマホで良いので、どんどん撮りましょう!

良い機材を持っていても、まずは動画を撮ることに慣れて、向上させる余裕がないと機材の良さも発揮できません。まずはとにかくカメラを回して、それなりに撮れるようになりましょう。(ギターの練習もまだろくにしていないのに、エフェクター探しをしているようなもので、買っても弾けなければ意味ないので、どんどん弾きながら探しましょう)ちなみに私はいつもiPhone SE(数年前の古い方)で撮影していますので、参考までにご覧いただくと分かりやすいと思います。スマホやPCから視聴する分には、そんなに気になりませんが、プロジェクターや大きなテレビなど、大画面で見ると画質がカメラよりは良くないことが分かります。景色や、特定のものをアップで映すなど、映像の美しさが大事になる動画を沢山撮るのであれば、高画質のカメラをご検討ください。

【YouTuberが顔出した方が良い理由】本当に大事なのは●●の良さ【ユーチューバーの悩み】

三脚

カメラやスマホを固定して立てる三脚は定点・固定で撮ることが多いのであれば必要になってきます。壁などに立て掛けても撮れないことはありませんが、ある程度の高さや角度を調整できないと、ちょうど良い高さでは撮れません。私は最初はなんとフリーハンドで自撮りしていましたが、手ブレが気になると視聴者さんにご指摘いただいたことや、フリーハンドで身振り手振りができない、紹介したい物を両手で触れないのは不自由であることから、三脚を買いました。300円均一で売っているもので大丈夫です。いつでも、どこでも撮れるように、私は三脚をいつも持ち歩いています。卓上サイズの軽量なものにしているため、カバンにも余裕で入ります。屋外で撮影をする人には、デコボコした所でも立てやすい、曲がる脚のものがオススメです。

最近使っているのは足が自由には曲がらないタイプですが、こちらは調整しなくてもいつも並行であってくれるので、屋内で撮影する人にオススメです。自撮り棒としても使えます。こちらも小さく畳める軽量タイプです。

ライト

テレワークなどの影響で、動画やテレビ電話において、顔が暗く写ってしまうことの無いよう、ライトを持っているのはYouTuberでなくとも当たり前の時代になりました。

ライトは100円〜1000円くらいの安いものでは明るさが弱いので、これからずっと使えるものとして、ネットショップや電気店でしっかりしたものを購入すると良いでしょう。

最初からこだわりすぎなくて大丈夫なので、まずは動画を沢山撮って投稿しましょう!投稿していく中で、毎回違う角度からライトを当ててみるなど、たくさん実験してみることが大切です。

編集ソフト

プロのYouTuberさんたちに支持されているのはAdobe Premier Proや、Final Cut Proです。動画編集を仕事にしたいという人や、沢山の動画を投稿し続ける自信がある人は、最初から有料ソフトを購入しても良いかもしれません。

有料のソフトを購入しても、きちんと動画を作り続け、ソフトを使わなくては買った意味がありません。最初は無料のソフトで編集を始めて、自分の動画の場合にどんな編集機能が欲しいのか?考えながら、購入するソフトを決めても遅くはありません。買ってしまったのだからやるしかない!と自分を追い込みたい人は、もう買ってしまっていいかもしれません。

動画を編集するソフトですが、無料のものでも動画は作れます。

しかしながら、YouTube需要の増加で、ほとんどの編集ソフトは有料で、無料版にはメーカー名などのロゴが映像に入ってしまいます。消したければ有料版を買ってね、ということです。

そんな中、私が無料で使っているソフトをご紹介します。

MacのPCですとiMovieを使っています。

【Mac版】imovieの使い方と編集のテクニックを解説 – SomethingFun

スマホでは、VLLO(ブロ)を使っています。

スマホ動画編集アプリ VLLO

PCソフトに比べると出来ることは劣りますが、動画のカット、テロップ入れ、BGM入れ、簡単なモーションを付けるくらいは、スマホの無料アプリだけで出来てしまいます。PCを開かなくても場所を選ばず出来るというのが強いです。

まずは動画の数をこなして定期的にアップすることが大事ですから、視聴者さんが全くいない時からガチガチに編集しなくても大丈夫です。(路上ライブで例えると、人が全く通っていない時に、すごい演奏を見せなくて大丈夫です。自分が今できる演奏をコンスタントにやり続けてお客さんを獲得しながら、徐々に難しい演奏も並行してしていきましょう。ガチガチに練習して120%満足する出来になるまでは部屋で1人で弾いてればいいや、とこもっているうちに「自分の中では80点くらいだけど、緊張せず人前で弾けるようになりたいから、並行して路上やライブもやろう!」という人にどんどん遅れを取るイメージ。)

PCとネット環境

私は動画の撮影・編集はほぼスマホで済んでいるため、PCについてはMac Book Airの古い型ですが困っていません。もしPCで編集作業をするつもりなら、もちろん最新スペックの方がオススメではあります。編集ソフトの対応有無や、処理の速さ、ネットの速度などに影響するからです。

また、動画はとても容量が重たいので、PC本体のストレージや、ネット上に保存できるオンラインストレージなど、動画や写真を保存しておける用意も必要です。PCのストレージに保存している容量がいっぱいになってしまうと、PCの動きも重たくなります。

動画をアップロードする時も、容量があるぶんとても重たいので、Wi-Fiなどネット環境も必須になってきます。

ノウハウは必要か?

トーク、撮影、編集のノウハウはもちろんあるに越したことはありませんが、最初から100点じゃなくて大丈夫です。YouTubeは動画数をこなすことや、コンスタントに投稿する「継続」が大切ですから、止まっているのが一番怖いです。うまくいかない葛藤や、やり方を模索していることも1つの動画にしてしまおう、くらいの気持ちで、投稿し続けながら、ノウハウや競合チャンネルのことを学んで、徐々にパワーアップしていきましょう。ただし、ビジネス用のチャンネルであれば、どんな内容を、どんな視聴者向けに、どんな順番やアプローチでアップしていくか、ある程度計画してからスタートした方が良いでしょう。

楽しむ気持ち

YouTubeは継続し続けるのが大切ですが、途中で心折れてしまう人がとても多い世界です。最初は再生数もコメントもありませんし、YouTuberとしての活動を楽しんだり、モチベーションを持続させなければ、誰でも止まってしまうでしょう。

私はTwitterでYouTuberさんと情報交換させていただくことや、応援してくださった視聴者さんとコミュニケーションを取ったことでパワーをもらいました。私が動画を投稿できずにいたときに、YouTuberの知人が激励のメッセージをくれたり、視聴者さんが応援の画像を作ってくださったことがあり、めちゃくちゃ感動しました!

そしてYouTuberをしている理由がハッキリしていること(発信したいことがある人のハードルを下げるべく、自分がまずはYouTubeをやり続け、感じたことを発信し、自分にもできるかもと思ってもらうのだ!)が、モチベーションとなりました。とても楽しく活動できているため、YouTuberとしてはまだまだこれからですが、毎日更新を3ヶ月、それ以降は動画の内容向上を目指すため勉強に時間を使い、頻度は週2本に変更し約1年半、楽しく続いています。

元々が有名な芸能人である、というわけでなく視聴者さんを獲得できたYouTuberさんは、皆さん最初から大人気だったわけではありません。共通して言えるのは継続し続けていること、動画を改善・向上し視聴者さんに喜んでもらう努力を、人気がある今でも続けていることです。
金額だけではなく、時間や努力で結果を変えられるチャンスがあるYouTube、私はやはり「発信したいことがある人」には最高の世界だと思います!

みんちゃん
みんちゃん

必要なものも、最低限スマホだけで出来ますので、ぜひスタートしてみてください!うまくいかなくても、うまくいかなかったという実体験・経験が残りますので、プラスでしかありません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました